第7回 CESAスチューデントゲーム大賞 CESA
プレスリリース 本賞受賞結果 ロゴ公募 授賞式レポート 前回のスチューデントゲーム大賞 HOME
授賞式レポート
 
2005年9月17日(土)、「東京ゲームショウ2005」イベントステージにて「第7回CESAスチューデントゲーム大賞」の発表授賞式が執り行われました。

今回は289にも上る作品の応募をいただき、厳正な審査によりノミネート10作品が選定され、さらに5作品に対して各賞が授与されました。

また、昨年に引き続き、会場内に試遊コーナーを設け、来場者の皆様にも実際にプレイしていただきました。

以下、当日の模様をご覧ください。
 集合写真
司会者皆さん、東京ゲームショウ2005にようこそお出でくださいました。そして今年はCESAスチューデントゲーム大賞授賞式で幕が開きました。

CESAスチューデントゲーム大賞も数えると第7回を迎えております。その作品レベルも年々グレードアップし、未公開制作作品の域を超えております。 プロに負けないパワーと情熱を感じます。

これから作品を紹介して参りますので、皆さんも是非じっくりと観ていってください。
 
 ●   ●   ●   ●   ●
人材育成委員長
委員長あいさつ
CESA人材育成委員会委員長 兼本賞審査委員長 西垣 保男


今日は朝早くからCESAスチューデント大賞にお集まり下さいまして有難うございます。只今ご紹介に預かりました社団法人コンピュータエンターテインメント協会の人材育成委員会委員長 兼本賞の審査委員長をしております西垣でございます。よろしくお願い申し上げます。
当協会では過去5回に至りましてアマチュアの優れた作品を選出・表彰する制度としまして、 CESAアマチュアゲーム大賞を開催してまいりました。昨年よりCESAスチューデントゲーム大賞としてリニューアルをいたしまして、合わせて第7回目を迎えました。これもひとえに当産業を目指していく方々、その方々の支援をされている方々、また業界関係者の皆様のご協力の賜物でございます。深く感謝申し上げます。

さて、この賞の目的は学生・生徒の選出しました作品を表彰式を経まして、コンピュータエンターテインメント産業の未来の人材を発掘・育成することにあります。この度の本賞では昨年の223作品を大きく上回ります過去最高の289作品がそろいました。当産業の将来に大きな期待を感じております。 また、携帯電話ソフトの作品も多数応募されました。今回惜しくもノミネートされなかった作品もございますが、ゲーム制作における意欲は認めます。来年も学生である皆様につきましては是非チャレンジをお願いしたいと思います。 なお、スチューデントゲーム大賞はゲームの完成度ではなく学生・生徒ならではの斬新な発想・企画というものを評価の大きなポイントにしております。今回ノミネートされました10作品もゲームの完成度の高さでなく、新しい発想が随所に見られ、トップクリエイターになる可能性を我々に感じさせた方々を選んでおります。

それではこれより発表授賞式をはじめさせていただきます。最後まで学生の皆様への暖かいご声援をよろしくお願い申し上げます。 有難うございます。
 
 
 
ロゴデザイン最優秀賞 表彰授与式
第7回CESAスチューデントゲーム大賞の発表にあたり、昨年からリニューアルしましたCESAスチューデントゲーム大賞のロゴデザインを募集いたしました。

こちらも学生・生徒に限定いたしまして847もの作品の応募があり、その中から 最優秀賞、優秀賞、佳作の3作品が決定いたしました。

今日はその中の最優秀賞の表彰授与式をおこないます。




 最優秀ロゴ

※ロゴ受賞作品発表のページは
こちら
から
勝尾 岳彦プレゼンター 日経BP社日経デザイン編集長 勝尾 岳彦

まず、山下さんおめでとうございます。

今回847点という非常に多くの応募があって、最初の審査では若干意見が分かれたんですけども、最終的には山下さんの作品がこのスチューデントゲーム大賞の趣旨であります、「若い力を育てていく」ということを非常に上手く植物の形で表現されていたこと,、また非常に上手くまとまっておりまして、ポスターとかウェブサイトに使いやすいというところが評価されました。


山下麻衣子受賞コメント 麻生情報ビジネス専門学校  山下 麻衣子

このような立派な賞を頂いたのは初めてなのでとてもうれしく思っています。有難うございました。


( ロゴデザイン最優秀賞の山下さんへは記念の盾と目録が授与されました。)
 

CESAスチューデントゲーム大賞各賞発表
優秀賞優秀賞 BLOCKSUM/佐藤 慎太郎

このような賞を頂けたのも私が所属するX680x0同好会のメンバーの協力のお陰だと思います。有難うございました。

(記念の盾と副賞が贈られました。)
本受賞作品の紹介ページはこちら
 
携帯電話部門優秀賞携帯電話部門優秀賞 POTTION/アイリントン(古橋 昌和)

本当にうれしいですね。この賞に受賞するための目標として作ったゲームなのでその思いが叶って本当にうれしく思っています。 また、このTGSに来た方々が俺のゲームをプレイしてくれて、楽しいとか面白いとかそういう感情を抱いてくれるとうれしいです。有難うございました。

(記念の盾と副賞が贈られました。)
本受賞作品の紹介ページはこちら
 
携帯電話部門最優秀賞携帯電話部門最優秀賞 恋の改札口/TEMP(田中 準也)

とてもうれしく思っています。僕にとっては2年前、このCESAで大賞を取ることを個人的には思ってて、でやっと頂けたということで、チームの作品なんですけど、とてもうれしく思ってます。有難うございました。

(記念の盾と副賞が贈られました。)
本受賞作品の紹介ページはこちら
 
審査員特別賞審査員特別賞 プラムと魔法のステッキ/アンデッズ(肥後 光佑)

とてもうれしく思っております。非常に苦労して作ったのですが、その甲斐があったと思います。有難うございました。

(記念の盾と副賞が贈られました。)
本受賞作品の紹介ページはこちら
 
大賞大賞 AMIDA The Soldier on The Bridge/Technical Computer Club(大門 義弘)

ほんとに非常に光栄です。大賞が取れたのも同じサークルの仲間のお陰です。会場に来られた方は是非このゲームを遊んで 頂けたら、面白い思って頂けたらほんとうれしいです。有難うございました。

(記念の盾と副賞が贈られました。)
本受賞作品の紹介ページはこちら
 

試遊コーナー


試遊コーナー 試遊コーナー
今年も昨年に引き続き、来場者の皆様に実際にプレイしていただきました。
キッズをはじめ、興味津々、好評でした。

 



 Copyright (C)2005-2012 CESA. All rights reserved.