第7回 CESAスチューデントゲーム大賞 CESA
プレスリリース 本賞受賞結果 ロゴ公募 授賞式レポート 前回のスチューデントゲーム大賞 HOME
ロゴ公募

 


最優秀賞
最優秀賞-画像
 制作者名
山下 磨依子
 所属学校名
麻生情報ビジネス専門学校
 制作人数   制作日数
1名 6日
 審査員コメント
スチューデントゲーム大賞の意図を活かしたコンセプトワークやロゴデザインとしてのまとまりが良い点を評価しました。もう少し力強さが加わるとよかった。

優秀賞
優秀賞-画像
 制作者名
赤澤 直子
 所属学校名
コンピュータ総合学園HAL大阪校
 制作人数   制作日数
1名 2日
 審査員コメント
若い芽が、スチューデントゲーム大賞を象徴し、はっきりしたデザインであることを評価しました。

佳作
佳作-画像
 制作者名
藤井 研太
 所属学校名
コンピュータ総合学園HAL大阪校
 制作人数   制作日数
1名 4時間
 審査員コメント
ゲームコントローラーをイメージさせるデザインはゲーム業界らしく、評価が高かったが、文字が見えにくく、全体のバランスが崩れたところが残念だった。





優秀賞 赤澤 直子さん(右)

今回のロゴデザインを制作するにあたり、今まで学校で勉強してきた、バランスやフォントの使い方、ロゴとしての見やすさ、分かりやすさ、相手が何を求めているかを考え制作し、受賞できたことに感激しております。

佳作 藤井 研太さん(左)

このような賞を頂き誠に光栄です。今回の受賞を糧とし て、これからも作品制作に邁進していきたいと思います。 本当にありがとうございました。

おめでとうございます

最優秀賞の表彰式は、東京ゲームショウでおこないます。



 
 ロゴコンペ講評  日経デザイン編集長 勝尾岳彦
最優秀賞
人材の育成、発掘という「CESAスチューデントゲーム大賞」の趣旨を開花した花に見立て、CESAのロゴマークを花に、CSAという文字を葉と茎に表現し、STUDENT GAME AWARDSの文字を円形に配置して、ロゴとしてのバランスをうまくとっている。論理的にきっちりと組み立ててデザインしたことが良く分かる優れた作品だ。ポスターやWebサイト、ニュースリリースなど、さまざまな媒体での使い勝手の良さや、今後長く使えて飽きがこない点、誰にでも親しめる点が、審査員から高い評価を得た。
優秀賞
こちらも、「育成、発掘」というテーマを伸びゆく「若い双葉」で表現した作品。葉の1枚にCESAのロゴマークをうまく組み込み、その下にバランス良くThe 7Th CESA STUDENT GAME AWARDSの文字を配置している。ロゴとしての完成度、使い勝手の良さが高く評価された。
 
佳作
ゲーム機のコントローラーをモチーフにして、そのなかにCESAのロゴマークと、The 7th CESA STUDENT GAME AWARDSの文字を配置して、ゲーム作品の賞という特色を分かりやすく現しており、オリジナリティの高さが評価された。
 

 

 Copyright (C)2005-2012 CESA. All rights reserved.